撮影|制作|各種代行プラン

次世代360度VRツアー 多言語テキスト、動画、音声、SNSなど組み込み機能を使ったVRツアーHPの制作も可能です。

一枚の写真では伝え切れない空間認識力と視覚情報。VR技術を使いネット上のあらゆるチャネルをTourMake制作上のVRツアーに組み込む事で一般消費者はかつて無い臨場感や没入感が味わえます。

Googleストリートビューでは建物内を導線で進むしか有りませんでしたが、次世代型VRツアー規模の大きな商業施設・テーマパーク・観光施設・地域商店街・ふるさと町おこし事業・観光コンベンション事業など導線で進むには難しい広域でのプレゼンでも有効活用できます。

多彩な組込み機能(多言語を使った案内・地図を使った現在地の把握・写真サムネイルで操作性を向上・BGM・ナレーションなど音声ガイドにも対応。実際の予約や買物も可能)にも対応しています。

点在する地域の良さを掘り起こし結集する事で新たなブランドイメージの定着に役立ちます

次世代VRツアー制作では、Googleストリートビューでは撮影不可対象の不動産業(分譲マンションや建売住宅)など様々な案件も対象可能になります。

弊社では撮影実績に裏打ちされた経験を活かしクオリティーの高い撮影・状況に応じた適切な撮影を致します。豊富なオプション・カスタマイズ性を備えた弊社のサービスを是非ご活用ください。

GSV& 次世代VRツアー(機能)比較一覧
 

次世代型360度VRツアー制作プラン

多言語テキスト、動画、SNS、音声案内など組み込み機能を使ったバーチャルツアーHPの制作も可能です。

GSVから取込(  〜10P)制作公開の場合
キャンペーン基本制作料金 ¥5.8万(税別)

写真素材・動画素材・BGM・テキスト・ロゴ・フロアーMAP・翻訳文等の挿入素材は御提供下さい。

 

Googleストリートビュー撮影プラン

撮影ポリシー

おきなわんくすは、Google認定フォトグラファーとしてGoogleの撮影基準を順守し、クオリティーの高い撮影を行なっています。

素敵だなて思うストリートビュー撮影にはちょっとしたコツがあるんです。

私達の撮影は、すぐにはカメラを構えません。まずお店の持つ雰囲気やオーナーの伝えたい想いなど狙いをしっかりと定めます。プロの写真家には「シズル(Sizzle)表現」を最も意識し「五感を刺激する”そそる表現”」というものがあります。初めて出会う検索ユーザー(潜在者)に、いいねと思わせる為のちょっとした工夫が大切なんです。当日のスタッフさんへの撮影協力や出来る範囲内で見映えの良い整理整頓もお願いをしています。

●パンフレットご自由に(ダウンロード可)

​パンフレット1

​パンフレット2

沖縄ストリートビュー撮影と見積はオキナワリンクス
沖縄ストリートビュー撮影と見積はオキナワリンクス
 

各種サービスプラン

 

MEO施策

​特にスマホ検索と相性バッグン断然有利

昨今のSEO対策では、希望キーワードでの上位表示が難しくネット集客に力を入れているほとんどの企業が頭を痛めている問題です。Google検索・「マップ専用枠 表示対策」として注目されているのがMEO対策(SEOロカール対策)です。その名の通り、ローカル(地域の地図)でのSEO(検索エンジン最適化)と言った所です。

Googleマップ上で、「地域名+業種」・「地域名+食べ物」といった「地域名+キーワード」で検索された際、Google MAP専用枠にランクインされ易くする様に行う施策方法で結果「断然目立つ場所に表示」という事です。

 

Googleが明らかにしている重要な要素は下記の3要素をかけ合わせ最適なものを表示します。例えば他のビジネスよりも距離が離れている場合でも、Googleのアルゴリズムに基づき、より検索キーワードに合致していると判断された場合、上位に表示されることがあります。

⑴. 検索キーワードとの関連性

関連性とは、検索語句とビジネスの情報が合致する度合いを指します。詳細で正確なビジネスで、更にGoogleストリートビューを導入し情報の関連性を充実化する事も非常に有効的です。

 

⑵. お店・会社への距離

距離とは、検索キーワードで指定された場所・地名からお店・会社への場所までの距離を指します。見込み客がお店・会社の場所を把握するためにも、正確な住所を掲載して下さい。

 

⑶. お店・会社の知名度

知名度とは、その名の通り、お店・会社がどれほど有名かを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響し、Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。
クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。
ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

Googleでは、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。
検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキングシステムを構築するために機密情報となっています。

 

特にスマホ検索と相性バッグン断然有利

WEBの浸透、スマートフォン(スマホ)の急増により、飲食店等の店舗や病院、税理士や弁護士等の士業の事業所を探すため、まず検索エンジンで「検索する」というお客様が殆どです。そのためGoogle検索・マップ専用枠の「検索結果上位3位以内」にランクインするかが集客に大きな影響を与えます。

具体的には「地域+サービス or 商品」という購買や訪問を前提としたキーワードからお客様が誘導される為、店舗の集客と直結するサービスなんです。

2018年には9,000万人以上(世界25億6,000万人)の使用者になる予定のスマートフォンは、PC以上の見やすさと機能(電話とナビ)で出かけ先でもすぐ行動が起こせます。
MEO(グーグルマップ上位表示サービス)は、特にスマートフォンで検索するユーザーに特有の集客力を発揮する事が出来ます。

 

​Google Insightsとは⁉︎

実店舗運営に欠かせないお店の集客分析ツール​

一般消費者が検索した情報を的確に把握

 

Googleのサービスに「インサイト」というツールがあります。

これはマイビジネス自体のアクセス解析ツールであり、Googleマイビジネスを利用しているのであれば必ず使っておくべきツールです。Googleインサイトを使いこなせれば、Googleマイビジネスの効果も何倍にもアップします。

 

Googleインサイトでは自分の管理しているビジネスリスティング(住所・電話番号などの基本的なビジネス情報)がウェブ上でどのように検索されたかを確認することが出来ます。
 

Googleマップではビジネスリスティングで検索することが多くお客様があなたのビジネスをどのように見つけ、どこからアクセスしたかといった情報を的確に把握できます。インサイトを分析する事は、今後の広報活動の参考になってくるはずです。

インサイトでは、ユーザーがリスティングに対してどの様な行動を起こしたのかを項目ごとに参照できます。

 

インサイトで分かる情報とは?!
①.ユーザーがビジネスを検索する方法(直接検索・間接検索)
②.ユーザーがビジネスを見つける為に検索したGoogleサービス
③.ユーザーの行動(ウェブサイトへアクセス・ルートのリクエスなど)
④.運転ルートの検索(どの地域から来店頂いたのか?)
⑤.通話数(ユーザーがビジネスに電話したタイミングと回数)

効果のあった項目を

知る。

ビジネスリスティングがどのように利用されているかを確認しましょう。Google マイビジネスでは、お客様があなたのビジネスをどのように見つけ、どこからアクセスしたかといった情報を的確に把握できます。

お客様の行動を

把握する。

お客様の閲覧状況や行動を把握しましょう。現状を知ることで、さらにアピールするための方法が見つかります。Google マイビジネスでは、クリック数、電話での問い合わせ件数、リスティングの表示回数などを確認できます。

お客様の地域を知る。

どの地域から来てくださるお客様が多いかがわかれば、ターゲットを絞って効果的にアピールできると同時に、新規顧客の開拓にも役立ちます。

閲覧数の多い写真を

確認する。

どの写真が最も注目を集めているかを確認しましょう。表示回数を同業他社と比較することもできます。